今話題のパーソナルコーチング

そもそも、コーチングとは?

コーチングとは、相手への問いかけによって、その人のなかにもともとある「答え」を発見・認識させるプロセスです。

答えを自ら発見することで、コーチを受けた人には、以下のような変化が生じます。

  • 物事の全体を俯瞰することができる
  • いままでとは別の視点で考えることができる
  • 実行することができる選択肢の幅が広がる
  • 目標を達成するための行動をいっそう促すことにつながる

この答えは、自ら発見したものであるため、コーチを受けた人は、自分自身が決めたことという主体性をもって行動することができます。

コーチングとティーチングの違い

コーチングとは「すでに相手の中にある答えを引き出し、気づかせること」であるのに対して、ティーチングとは「相手の知らない答えを与え、教えること」です。

コーチングにおいては、答えはすべて相手の中にあると考えます。
このため、コーチの役割としては、相手が自分だけではたどり着けなかったところに導いてあげることが重要になります。

他方で、ティーチングにおいては、答えはティーチャーの中にあると考えます。
このため、ティチャーの役割は、答えを言語化して教えてあげることで、相手が再現してできるように伝えることが重要になります。

タイトルとURLをコピーしました